HOME

FAQ(よくある質問)

「メタボ」といわれてしまいました。正しい情報を教えてください。

メタボとは、メタボリックシンドロームすなわち、内臓脂肪症候群のことで、肥満や高脂血症など、動脈硬化の危険因子となる生活習慣病をいくつももっている状態をいいます。内臓脂肪により腹囲が大きくなるので、お腹のでた方を「メタボ」とよぶことが多いです。

詳しく正しい情報は、厚生労働省「メタボリックシンドロームを予防しよう」をご覧下さい。
生活習慣病については、厚生労働省「生活習慣病を知ろう!」をご覧下さい。

「特定健康診査」「特定保健指導」はどこで、うけるのですか?

平成20年4月から、健康保険組合、国民健康保険などの医療保険者に対し、40歳以上の加入者を対象としたメタボリックシンドロームに着目した健康診査(特定健康診査)及び保健指導(特定保健指導)の実施が義務付けられました。
健診後、各医療保険者から該当者には、通知がきます。

詳しく正しい情報は、政府広報オンラインの記事「新しい健診制度「特定健康診査・特定保健指導」が始まります」でご覧下さい。

高血圧で肥満気味です。先生から、適度な運動をしなさいといわれました。どうしたらよいのでしょうか。

ただやみくもに運動をすると、かえって悪くなることもあります。専門家の指導が必要です。
お近くの健康増進施設で健康運動指導士にご相談下さい。一人一人に安全で適切な効果のある始動をプログラムを作成し、指導します。

健康増進施設一覧を表示

また、指定運動療法施設では、医師による運動処方箋を持参すると、その処方箋による運動指導料が医療費控除の対象になります。

運動療法の料金等は、施設により異なります。直接施設にお問い合わせいただくか、当連盟にお問い合わせください。

医療費控除のフロー図